Home > アーカイブ > 2013-06

2013-06

ALA(アラ)原宿

この写真を見てください。テーブルの向こうがキッチンになってて、すぐ目の前でシェフが作業してるんですが、わかりますか?料理好きなキッチン男子&女子のみなさんには、こういうお店も面白いんじゃないでしょうか…ということで、原宿のカジュアルイタリアン「ALA(アラ)」のご紹介です。

原宿のイタリアン ALA(アラ)のオープンキッチン前アリーナ席

このお店が面白いのはキッチンを覗いているような感覚のユニークなテーブルがいくつかあること。しかも、カタチだけのオープンキッチン的なカウンターがあって「結局仕切られてるやん」的なレイアウトじゃなく、手を伸ばせば作ってる料理に手が届くくらいの至近距離、というかむしろデシャップのテーブルに椅子を置いて座ってるって言ってもいいくらいなアリーナっぷりです。

料理人視点で見たら、前後をお客さんに挟まれる状態。O型、B型の料理人にとってはやりがいあるんやろうけど、A型、AB型のみなさんにはちょっとプレッシャーきつそうやなぁ…(妄想)

原宿のイタリアン ALA(アラ)のオープンキッチン裏アリーナ席
原宿のイタリアン ALA(アラ)のマツイシェフ

ちなみにこのALAのオープンは2013年の5月。開店間もないお店はあまり紹介しないようにしてるんですが、このALAのシェフは、以前恵比寿の オステリア・ラ・リベラ でシェフをしていた松井ノブ氏。お馴染みの、本人いわく「切って焼いただけ」な素朴でパンチのあるイタリアンは健在、ということで、エリア的にはド・アウェーですがご紹介を。

誤解を恐れずに書きますと、雰囲気的にもお値段的にも、おしゃれな居酒屋さん方向の使い方ができるお店です。大人数で大テーブルや個室(8人くらいでちょうどな感じでした)で盛り上がるのも楽しそうですが、このキッチン丸見えなアリーナ席でシェフと盛り上がりながら食事をすると、きっと料理の勉強にもなるんじゃないでしょうか。


原宿のイタリアン ALA(アラ)の半個室
原宿のイタリアン ALA(アラ)の大テーブル
原宿のイタリアン ALA(アラ)の店内

ちなみにこちらの写真はパスタランチ。前菜&パンにパスタと飲み物がついて1,000円から。パスタはボリュームもあるので男性でも大丈夫。食べればこの笑顔です。表参道~裏原あたりに行くときはみなさんぜひこのALAでランチを食べてみてください。

原宿のイタリアン ALA(アラ)の前菜
原宿のイタリアン ALA(アラ)のパン
原宿のイタリアン ALA(アラ)のパスタ
原宿のイタリアン ALA(アラ)のパスタ
原宿のイタリアン ALA(アラ)のパスタ

ALA(アラ)へは、竹下通りを抜けた竹下口の交差点から、神宮前方面にナナメに伸びる裏道をあるいて数分。竹下口からだと右手並びの2階にあります。ちいさな看板が出てるだけなのでお見逃しなく。

余談ですが、この日は青森から来た友人もご満悦でしたとさ。


原宿のイタリアン ALA(アラ)の店内

ALA(アラ)原宿
03-5772-2919
ランチ 11:30AM~14:30PM(土日祝 12:00PM~14:30PM)
ディナー18:00PM~23:30PM
東京都渋谷区神宮前3-26-11 原宿SHビル 2F



Ku;ruri(くるり)恵比寿

タコ焼きはおやつなのかごはんなのか?とよく聞かれます。大阪の南河内で育ったボクにとって、まだ童貞だった頃はおやつでした。部活の帰り道、夏場はタコ焼きを、冬場は肉まんを、猛烈に空腹な時には王将の半チャンラーメンを、夕食までの空きっ腹をごまかすためによく食べてました。

恵比寿のたこ焼きバー kururi(くるり)のたこ焼き

もう日も暮れようとしているそんな部活の帰り道にタコ焼きを買おうとすると、よくおっちゃん(お酒のせいか仕事柄か、なんでかみんな鼻の頭が赤かったような…)がビール片手によくタコ焼きを食べていて、その酒臭い吐息に辟易しながら「こんなおっさんにはなれへんぞ」と心に誓ったもんです。

でも時は流れ、鼻こそ赤くはないものの、あまりまっとうなオッサンには見えないナリでタコ焼きをつまみながらビールを飲むようになってしまった今日このごろ。ついでにハナシもエライ脱線しましたが、この歳になってハッキリわかったのは、タコ焼きはコドモのおやつでもあり、オッサンの酒のつまみでもあるということ。

恵比寿のたこ焼きバー kururi(くるり)のたこ焼き

大阪にも、ファンキーなカンジのタコ焼きを食べながらお酒が飲めるバー(ちなみに有名なお店はタコタコキングというお店。大阪に行くことがあったらテッペン回った27時くらいに行ってみてください)が結構ありますが、恵比寿のコチラは大阪のそれよりもちょっとラテン濃度薄め。気持ちオシャレ寄り。タコタコキングがテキーラにチェイサーコロナでタコ焼きを食べるトコロをこのku:ruriならワインやカクテルもアリな雰囲気です。

とは言っても、コチラのお店でタコ焼きを焼いてるのは、ボクと同じ南河内(岸和田ってわかりますか?)育ちの中川姉妹。味は間違いなく関西ローカルのホンマモンの味なのでご安心を。アンチョビとオリーブが入ったり、パルメザンチーズがかかったりと今風なタコ焼きもありますが、今のところハズレなし。4,000円もあったらけっこうお腹も満足できて軽く酔っぱらえますよ。

恵比寿のたこ焼きバー kururi(くるり)のインテリア
恵比寿のたこ焼きバー kururi(くるり)のインテリア
恵比寿のたこ焼きバー kururi(くるり)のたこ焼き
恵比寿のたこ焼きバー kururi(くるり)のたこ焼き

ちなみにこちらの写真は、お好み焼き、タコ焼き、かすうどんに続く大阪人第4のソウルフード、トンペイ焼き。タコ焼き以外にも、いわゆる居酒屋さん的なメニューが揃っているので1軒目でも大丈夫。カウンター席あり、テーブル席あり。女子おひとりさまでも団体さんでも大丈夫です。

特に、スタッフがみなさん女子なので、女子のおひとりさまがカウンターに座っても違和感なし。きっと三姉妹も望むところだと思いますよ。

ということで、タコ焼きがおやつなのか、ゴハンなのか究明したいみなさんは、ぜひこのKu:ruriに行ってみてください。タコ焼きはオトナのおつまみです。
場所は恵比寿駅の西口からあるいてすぐ。交番前の信号が青なら1分、赤でも3分。UFJ銀行の脇の路地(さいきや縄のれんのある通りです)を入って右ならびにあるタイムハウスビルを見つけたら階段で3階までどうぞ。風が気持ちいい季節は、1組限定のテラス席を狙って行くといいと思いますよ。

Ku:ruri(くるり)恵比寿
03-6809-0688
18:00PM~23:00PM
日曜・祝日休
東京都渋谷区恵比寿西1-7-9 恵比寿タイムハウスビル3F


スラッシュカフェ 白金

白金の八芳園といえば敷地内の庭園が有名ですが、その庭園を眺めながらのんびりできるカフェなんかがあったりします。店内から庭園に向けて大きく開いた開口部はテラス席。

白金 八芳園 スラッシュカフェの店内
白金 八芳園 スラッシュカフェのテラス席

天気のいい日にランチビールを飲むもよし、夜は夜でライトアップされてたりするのでビアガーデン気分で飲むもよし。庭園も八芳園利用者向けに開放されてるのでぜひどーぞ。


白金 八芳園 の庭園
白金 八芳園 の庭園
白金 八芳園 スラッシュカフェのランチパスタ

ちなみにランチのコースは2,500円から。写真の季節のパスタは1,000円なり。名門な結婚式場だけあって料理もそれなりです。大安の週末とかに行くと幸せそうな新婦さんがいっぱい見れますよ。もちろんこのカフェもそうなると混み混みなワケですが。

場所は、八芳園の本館に入ったらすぐ左手。結婚式に呼ばれてなくても誰でも入ることができるので、白金の外苑西通りあたりを散歩することがあったらついでに足を伸ばしてみてください。


スラッシュカフェ 白金(八芳園内)
03-3443-3105
10:00AM~22:00PM
無休
〒108-8631 東京都港区白金台1-1-1 八芳園内


ヱビスビール記念館

恵比寿ガーデンプレイスの中に、恵比寿の聖地と言っても過言じゃない場所があります。それがこのヱビスビール記念館。ヱビスビールがこの地になかったらここは恵比寿という地名にはならなかったわけで、そういう意味でわれわれ恵比寿マニアにとってメシアなわけです。

エビスビール記念館
昔のエビスビール
エビスビール記念館の展示

行ってみるとびっくりするくらいゴージャスなホールがあり、ヱビスビールの歴史が展示されていたり、ヱビスビールの試飲ができたりするわけですが、今回オススメしたいのはこちらのヱビスビールオリジナルグッズ。
よく観光客のみなさんが恵比寿ガーデンプレイスに観光に来ている姿をみかけますが、正直言って見るものはそんなにないわけです。それでもこの地に来たいという恵比寿好きなみなさんはぜひここでおみやげを見つけてください。

ヱビスビールオリジナルのキーホルダーやチャーム、Tシャツ、手ぬぐいなど、海外のツーリストも喜びそうなおみやげもけっこうありますよ。


エビスビール記念館のYebisuオリジナルグッズ
エビスビール記念館のYebisuオリジナルグッズ
エビスビール記念館のYebisuオリジナルグッズ
エビスビール記念館のオリジナルグッズ ご祝儀袋

ちなみにボクのイチオシグッズはこのご祝儀袋。
恵比寿な新郎新婦の結婚式にはぜひ恵比寿様を連れてってあげてください。
手ぬぐいになってるので式が終わってからも使えますよ。

エビスビール記念館の恵比寿さま

場所は恵比寿ガーデンプレイスの中。
三越の中をウロウロしてたら入口が見つかります。
ビール好きなみなさんは、500円でヱビスビールが試飲できる館内ツアーとかもあるのでよかったらどーぞ。

ヱビスビール

ヱビスビール記念館 恵比寿
03-5423-7255
11:00AM~19:00PM(ヱビスツアー最終回 17:10PM / 最終入館時間 18:30PM)
月曜定休(月曜日が休日の場合は翌日)
年末年始
東京都渋谷区恵比寿4-20-1 恵比寿ガーデンプレイス内


Home > アーカイブ > 2013-06