Home > アーカイブ > 2014-02

2014-02

Burger Mania(バーガーマニア)白金

グルメバーガーのカテゴリーでは有名なお店。ちょっと不便な場所にあるので恵比寿にいても年に1度行くか行かないかのお店ですが、今年(2014年)の3月3日に恵比寿店がオープンするらしいのでご紹介を。

新しいジャンルでオーソドックスというのもおかしなハナシですが、グルメバーガー的にはとてもオーソドックス。焼き加減をオーダーできる和牛のパテからの肉汁がたまらないボリュームあるバーガーで、アボカドやチーズなどのトッピングもひと通り。お約束、ケチャップ&マスタードのハインツセットからチェリーコークももちろんあります。ボクはコカコーラ派ですが。

burger mania(バーガーマニア)白金のチーズバーガー

ちなみにこちらはチーズバーガー。
禁煙の店内はこじんまりとしてますがのんびり落ち着ける雰囲気です。


burger mania(バーガーマニア)白金の店内
burger mania(バーガーマニア)白金の店内
burger mania(バーガーマニア)白金のコーラ

もし「恵比寿でバーガー食べたいねんけどどこに行けば?」と聞かれれば、正直なトコロボクはたぶんブラッカウズをおすすめすると思います。でもこちらバーガーマニアにはおいしいパンケーキがありまして、これがなかなか素敵だったりします。特筆すべきは贅沢に添えられたメープルシロップ。なかなかこんなにたっぷりシロップつけてくれるお店内ですよね。もちろんボクは全部かけてジャブジャブにしていただきます。きっと恵比寿店にも登場すると思うので、パンケーキ好きな方はぜひ。

ということで、肉食女子なみなさんが草食男子を連れてデートするなら、ブラッカウズよりもバーガーマニアのほうをオススメします。


burger mania(バーガーマニア)白金のパンケーキ
burger mania(バーガーマニア)白金のパンケーキ
burger mania(バーガーマニア)白金のファサード

この白金店の他に広尾の駅近くにもあり、恵比寿店でたぶん3店舗目。
お店によって微妙なローカルルールの違い(白金店ではフレンチフライの大盛りが無料だけど広尾ではできないとか)があるみたいなので、恵比寿店がどうなるかは行ってみないとわかんないですが、予定地は東口からのバス通り、キムカツの並びにできるそうなので恵比寿なみなさんはぜひそちらに。

Burger Mania (バーガーマニア) 白金
03-3442-2200
11:30AM(土・日・祝 11:00AM〜)~23:00PM
毎月第3月曜日(祝日の場合翌火曜日)定休
東京都港区白金6-5-7


鳥平(とりへい)恵比寿

町場の老舗なお店に行くと、暖簾をくぐった瞬間に店内の常連さんから「誰が来たのかな」と一斉にチェックされる、そんな確認行動の洗礼を受けます。こちらが馴染みの客だと恒例のご挨拶が始まり、イチゲンだとわかるとみな何事もなかったかのようにまた個々の談笑に戻っていかはるわけですが、こういうお店にハズレなし。この鳥平もそんなお店のひとつです。

夕方5時に開店し、6時にはもうご近所さんで満席。もう曜日がどうとかロケーションがどうとか、メディアへの露出がどうとかそういうこととは関係なく、地域の常連さんとの持ちつ持たれつな積み重ねで成り立っているワケですね。

鳥平(とりへい)恵比寿
鳥平(とりへい)恵比寿

この日は5人で座敷に座ったんですが、アラフォーからアラサーの5人組でもこのお店ではかなり若輩なチーム。ベテランな常連さんの視線を感じつつ、モツ焼きから刺身こんにゃく、焼きはんぺんなどをつまみつつ熱燗をいただきました。ちなみに特筆すべきは焼き物。ちょうどいい焼き加減が100だとしたら107くらいまで焼いたくらいの香ばしいよく焼き。このプラス7くらいの香ばしさがあるので、こってりした白でも5~6本はひとりで軽くいけるくらいです。

鳥平(とりへい)恵比寿の焼きホルモン
鳥平(とりへい)恵比寿のおいなりさんと玉子の煮物
鳥平(とりへい)恵比寿の刺身こんにゃく
鳥平(とりへい)恵比寿のはんぺん焼き
鳥平(とりへい)恵比寿

あと、面白いのが緑茶ハイ。
ホッピー的な、ナカとソトの組み合わせで出てきます。
きっとこれも常連さんの飲み方に合わせてできたスタイルなんだろうなと妄想。

鳥平(とりへい)恵比寿の緑茶ハイ

ちょっと脱線しますが、ほかにも飲み友達との間でよく話題になる町の名店の特徴がありまして。
まずだいたい無音、あってもテレビかラジオ。席が埋まるのはまずカウンターから。そして設備投資のプライオリティが低い。特に看板には無頓着。家族経営でかつおかみさんが客あしらいのキーパーソン…などなど。もしみなさんそんなお店をご存知だったら教えてください。

鳥平の場所は、恵比寿3丁目の交差点から北里通りを南に30秒ほど歩いた左手に。さっきも書きましたが、早々に満席になってしまうので早め、もしくは8時過ぎくらいの時間を狙ってどうぞ。
ボクもこれからかなりのペースで通うと思います。

鳥平 (とりへい)恵比寿~白金

03-3449-7421
17:00~22:00
日曜・祝日はお休み

東京都港区白金5-14-7



縄のれん 恵比寿

恵比寿の老舗立呑屋さん、縄のれんがこの2月に無事営業を再開したのでお邪魔してきました。もちろんモツ焼きもハラミもモツ煮込みも、名物ハイボールも以前のまま、お店に立ち込める香ばしい香りと常連さんの賑いもそのまんまです。新装オープンの数日前にご挨拶にうかがった時には、シミのない壁やピカピカの厨房器具になんとなく違和感を感じたりしたけれど、お客さんの笑い声とモツの焼ける香りが加わるだけで不思議と気にならないもんですね。

恵比寿の老舗立ち飲み屋 縄のれんのハラミ焼き
恵比寿の老舗立ち飲み屋 縄のれんのハラミ焼き
恵比寿の老舗立ち飲み屋 縄のれんのモツ煮込み
恵比寿の老舗立ち飲み屋 縄のれんのレバー焼き

写真は上から順に、おろしにんにくとカラシをつけていただくハラミ、もつ煮、塩焼きのレバーステーキ。
こちらの名物、モツ串焼きは珍しい部位やおいしい焼き野菜がいろいろあるので挑戦してみるのもありですが、これから行ってみようという初挑戦なみなさんは、まずこのあたりをオーダーしてみてください。特に、ほかのお店にもありがちな、つまりは比較しやすいもつ煮あたりをぜひ。みなさんの想像を軽く上回る芳醇な甘みを味わったら、どうして常連のみなさんが通い詰めてるのかがよくわかると思います。

そしてこちらは焼きネギ。
昨年から仕事でご一緒させてもらってる方がたまたま縄のれんの次男さとしさんの幼なじみで、その方にオーダーしてもらって食べてみましたがまぁうまいのなんの。さとしさんいわく普通の白ネギだよとのことですが。焼き加減でこうも甘くなるんですね。これまた余談ですが、ご覧のとおりまるごとネギを焼くので他のものを焼いている時には焼けないわけで。なので焼き場が空っぽになった頃を見計らってオーダーしてみてください。

恵比寿の老舗立ち飲み屋 縄のれんのネギ一本焼き
恵比寿の老舗立ち飲み屋 縄のれんのネギ一本焼き
恵比寿の老舗立ち飲み屋 縄のれんのネギ一本焼き
恵比寿の老舗立ち飲み屋 縄のれん
恵比寿の老舗立ち飲み屋 縄のれんの女将さん

きれいなビルに建て替えたので以前のようないい感じに年輪を重ねた外観は残念ながらもうありませんが、西口ロータリー前(現コインパーキング)で8年、その後現在の場所に移って30数年と、アラフォークラスの老舗です。初めて行くと、ベテランなお客さんで混み混みな店内や大将ファミリーのみなさんの一見ぶっきらぼうな雰囲気に圧倒されるかもしれませんが、これも縄のれん名物。実際は話すととても気さくなみなさんなので臆することなくどうぞ。


… 追記

先日、縄のれんの2階にオープンした「和家」でお酒を飲みながら、Diビルの名前の由来を教えてもらいました。あれば「ディーアイ」ではなく「デーアイ」出会いと読むそうです。

縄のれんの大将・女将さんと和家にて

縄のれん 恵比寿

03-3496-2919
18:00~22:00
土・日・祝はお休み

東京都渋谷区恵比寿西1-8-4


tenement(テネメント)恵比寿

恵比寿駅の東口から白金に向かって伸びている通り、通称バス通りを恵比寿のはしっこまで歩くと、このカフェ・テネメントがあります。恵比寿か白金か、微妙なところではありますが、住所はれっきとした恵比寿2丁目。恵比寿3丁目の交差点から南に伸びる北里通り沿いに古民家が数軒並んでまして、その右端がこのテネメントです。

白金のカフェ tenement(テネメント)のファサード
白金のカフェ tenement(テネメント)の店内
白金のカフェ tenement(テネメント)のファサード
白金のカフェ tenement(テネメント)の店内

というわけで古民家をリノベーションしたこちらのカフェでお茶を飲んでると、目の前が住宅街なこともあってなんとなく鎌倉にいるような気分。店内はちょっと夜営業寄り、気持ち男性好みなBGMが鳴っていていい雰囲気です。

こちらのランチは16時までと遅めでもOKで、しかも無休。この界隈でランチ難民になった時にはぜひどうぞ。パスタなどの日替わりも含めて800円で数種類のメニューがありまして、味的なトコロで言いますと、いわゆるカフェランチの味相場でいう平均点というか無難な味というか、いい意味で大当たりはないけれどハズレもないというカンジというか…ハギレの悪いコメントですんません。そんなカンジです。

そんな中でもしチョイスを迷ったら、ボクのおすすめはこちらのチキン南蛮ランチ。

白金のカフェ tenement(テネメント)のランチサラダ
白金のカフェ tenement(テネメント)のチキン南蛮ランチ

チキンはちょっとベニエ風というかフリッター風というか、そんなサクサクの衣で揚げてあって、もちろん九州スタイルの甘辛い(やや甘み強めな)タレで仕上げてあります。タルタルを添えるもよし、塩でいただくもよしというチョイスメニューになっていますが、塩でいただく勇気がボクにはまだなく、未体験。
というわけで写真はタルタル版です。ごはんを大盛りにしてもじゅうぶんなボリューム。おいしいですよ。

白金のカフェ tenement(テネメント)のチキン南蛮

ちなみにこちらはオムハヤシ。
見た目のインパクトというかシズル感よりも味はタンパクかつマイルドなので、本当にハヤシが好きな人にはちょっと物足りないかもしれませんね。

白金のカフェ tenement(テネメント)のオムハヤシ
白金のカフェ tenement(テネメント)のファサード

この tenement のある恵比寿3丁目の交差点は、恵比寿駅からも広尾駅からも白金高輪からも、歩いたら10分少々(デートで散歩…のペースなら15分少々)と少し不便なエリア。でもなかなか個性的なお店が集まっている不思議な場所でもあるので、ぜひお散歩がてら遊びに行ってみてください。

ちなみに夜はバースタイルの営業に。あまりお酒を飲まない女性とのデートや女子会向きな雰囲気です。

tenement (テネメント)恵比寿~白金

03-3440-6771
11:30AM~23:00PM
※ランチは16:00PMまで
無休

東京都渋谷区恵比寿2-39-4


Asylum Coffee Roasters

私事ですが、コーヒーが大好きです。豆の銘柄や産地にはなんの知識もこだわりもなく、淹れたてのコーヒーの香りが漂う空間でのんびりするのが好きな雰囲気重視派。そんなコーヒーの香り込みで楽しむならやっぱり自家焙煎の挽きたて淹れたてを楽しめる小さなお店に限ります。

そんな自家焙煎のコーヒーがいただけるカフェ、恵比寿にもいくつかありまして、なかでもいちばん穴場なのはこのアサイラム・コーヒーロースターズ。豆の種類にこだわるコーヒーグルメなみなさんにはヴェルデ備屋珈琲 あたりがおすすめですが、音楽込みで雰囲気重視なあなたはぜひこちらへ。


アサイラムコーヒーロースターズ(恵比寿)のホットコーヒー
アサイラムコーヒーロースターズ(恵比寿)のカフェラテ

アナログ音源のジャズを聴きながらコーヒーがいただけるこちらのお店は、カフェに10%ほどバーのエッセンスを加えたような雰囲気。恵比寿の友達にこのアサイラム・コーヒーロースターズのことを説明するときは、TRACKMARTHA がノンアルコールでカフェ営業してるみたいなカンジと説明しています。


アサイラムコーヒーロースターズ(恵比寿)の店内
アサイラムコーヒーロースターズ(恵比寿)のターンテーブル
アサイラムコーヒーロースターズ(恵比寿)の店内
アサイラムコーヒーロースターズ(恵比寿)のローストマシン
アサイラムコーヒーロースターズ(恵比寿)のファサード

アサイラム・コーヒーロースターズは、恵比寿駅から TRACK の通りを渋谷方面に歩いて5分ほどの場所にあります。ちょっとはずれた立地ですが、散歩がてら行ってみてください。
まだ未体験ですが、ランチメニューにナポリタンがあるので近々食べてみようと思ってます。もちろん(?)タバコも吸えますよ。

Asylum Coffee Roasters (アサイラム コーヒー ロースターズ)恵比寿

03-6418-5313
10:00AM~20:00PM

東京都渋谷区東2-29-6 セントラル恵比寿ビル1F


Home > アーカイブ > 2014-02