Home > アーカイブ > 2014-10

2014-10

旧朝倉家住宅 代官山

代官山にある重要文化財「旧朝倉家住宅」のご紹介を。代官山のお散歩スポットといえば蔦屋書店界隈や西郷山公園あたりが人気ですが、ちょっと趣向を変えるとこういうスポットもあります。


重要文化財 旧朝倉家住宅(代官山)の庭園

旧朝倉家住宅は、渋谷区の大地主で東京府議会議長や渋谷区議会議長などもつとめたという名士、朝倉さんの旧宅です。大正の和風建築な豪邸も見応えがありますが、庭園がまた見事。季節によっては花が咲いたり紅葉が見事だったり。そんなに混むことはないので、好きな小説でも持って行って縁側で読んだりすると気持ちいいですよ。


重要文化財 旧朝倉家住宅(代官山)の庭園
重要文化財 旧朝倉家住宅(代官山)の庭園
重要文化財 旧朝倉家住宅(代官山)の庭園
重要文化財 旧朝倉家住宅(代官山)の庭園
重要文化財 旧朝倉家住宅(代官山)

朝倉邸へは恵比寿からあるいて約15分、代官山からだと2分弱。
あまり大きな看板とかは出ていないので、向かいにある交番を目印にどうぞ。

代官山でショッピングする時にでも寄ってみてください。

重要文化財 旧朝倉家住宅 代官山
03-3476-1021
10:00~18:00(11~2月は16:30まで)
※入館は閉館の30分前まで
月曜日定休(祝日の場合は直後の平日)/ 年末年始休(12月29日~1月3日)
一般100円、小中学生50円、年間観覧料500円
東京都渋谷区猿楽町29-20






うしごろ 貫(かん)恵比寿

焼肉激戦区な恵比寿の西口にあった山形牛一頭買いの「遊牧」が撤退した後に居抜きで入ったのが、最近大人気なうしごろさんシリーズの恵比寿2軒目にあたる「うしごろ貫」です。
取引先との密談や、回数浅めのデートにおすすめなのでご紹介を。


恵比寿 焼肉 うしごろ 貫(かん)の店内

店内はほぼ以前の遊牧のまま、炭火ロースターも掘りごたつも、個室もそのまま。以前の遊牧も一頭買いのいい和牛を出してたので、お肉のパフォーマンスもそう大きな差はありませんが、ちょっと違うなと思うポイントがふたつほどありまして。


恵比寿 焼肉 うしごろ 貫(かん)のポテトサラダ

焼肉屋さんで最初にポテサラを紹介するのもどうかと思いますが、たぶんこの写真がいちばんこのお店をあらわしているので先鋒に抜擢。味玉が乗っかって500円なり。


恵比寿 焼肉 うしごろ 貫(かん)の肉うどん

つづいて2番手は、シメの一品「コムタンうどん」600円なり。
濃厚かつやさしいコムタンとコシのあるうどんの組み合わせが美味。シメにはほかにも、カレーや牛塩そぼろ丼など魅力的なメニューがいろいろあるので悩むところですが、シメにちょうどいいお茶漬けサイズなポーションなので、人数分いろんなものをオーダーしてシェアしてみてください。

ということで、最初のおすすめポイントはサイドメニューがなかなか魅力的なところ。
お店の方いわく「和をベースにこだわってます」とのこと。
腹八分目をふたつに分割して、半分はお肉を焼きながら、あと半分は居酒屋みたいにお惣菜をオーダーしながらお酒を…というような使い方がベストだと思います。

あともうひとつのポイントは、スタッフのサービス。
狭い店内ながら、あえて視線をさえぎるつくりになっているのでなかなか目配りが難しいところですが、こまめに気を効かせてくれるので快適です。今のところ、まだ声を上げて店員さんを呼んだことはありません。これはぜひ継続していただきたい。


恵比寿 焼肉 うしごろ 貫(かん)の肉寿司
恵比寿 焼肉 うしごろ 貫(かん)の肉
恵比寿 焼肉 うしごろ 貫(かん)の肉
恵比寿 焼肉 うしごろ 貫(かん)のホルモン

ということで最後になりましたが、上から順番に、霜降り牛の炙りにぎり、サーロインの焼きしゃぶ、からのホルモンの特選盛りです。

お肉に関してはもう有名店のうしごろ系列なのでみなさんのほうがご存知かもですね。お肉そのものの味に関しては(ボク的には)ほかの恵比寿・やや高級人気焼き肉屋さんと横並びな印象。もちろんそれは平均点が高い中でのおハナシですけどね。


余談ですが、最近の「やや高級焼肉店」はもう和牛銘柄や産地や等級ありきなので、それだけでは勝負できないところまで来ちゃいましたね。これから残るのは自家製のタレ漬け肉や熟成肉方面でおいしく出すことを工夫するチェーン店か、あるいは原点に帰って人(サービス)ありきで勝負する個人店か、という感じでしょうか。個人的には、やきとり屋さん風に「おいしく焼いて出してくれる」焼肉屋さんが出てくるといいなと思ってます。


… 閑話休題

さてハナシを戻しまして、こちらのうしごろ貫のお肉のハナシ。
特徴としては一人前のポーションでしょうか。ヤロウ友達の団体で行くと「なんだケチくさいな」ということになりますが、お上品な会食やデートだと「いろいろ食べられていいね」ということに。そんなカンジの量です。そのあたりがまた取引先との密談や、回数浅めのデート向き。


恵比寿 焼肉 うしごろ 貫(かん)のファサード

うしごろ貫は、恵比寿駅西口から徒歩1分。
そのあたりも会食&デート向きですね。

うしごろ、USHIGOROバンビーナ、TEPPAN & WINEと、業態を広げながらエリアも拡大中で、もう中小チェーンとは言えない規模になっちゃってますが、いいお店だったのでご紹介を。

うしごろ 貫 (かん)恵比寿
03-5725-2929
17:00PM~24:00AM
無休
東京都渋谷区恵比寿南1-8-1 STM恵比寿ビル1F




カレーオオバ 恵比寿

昼間はシャッターが降りて暗がりになっている恵比寿横丁の奥地に、昼間だけ出現するこだわりカレー屋さんがあります。もうすでにメディアで人気のカレー屋さんですが、最近ちょっと落ち着いた感じなのでご紹介を。

恵比寿横丁の焼きホルモン屋さん「ダルマテング」のお昼のアイドルタイムに時間限定でオープンするのがこの「カレーオオバ」。まだ仕込みも始まっていない恵比寿横丁の最奥地にあるため、知る人ぞ知る的なカンジではありますが、前述のとおりメディアでよく紹介されていたお店なのでよく賑わっています。

恵比寿横丁の穴場カレー屋 オオバ

カレーは、たまねぎとトマトがたっぷり入ったあっさりカレー。カレーが好き過ぎるみなさんにはちょっともの足りないかもしれないくらいシャバっとしたあっさり風味です。聞いてみたら小麦粉が入っていないとか。

一番人気は骨付きがゴロっと入ったチキンカレー。
こちらの写真は焼チーズカレーです。

恵比寿横丁の穴場カレー屋 オオバ

カレーそのものがかなりあっさりしているので、コクが欲しい人にはカツかチキンのお肉入りか、チーズトッピングのものをおすすめします。

ちなみにセルフサービスのサラダとドリンクがついて900~980円くらい。
横丁の雰囲気をご存知な方ならよくわかると思いますが、サラダバーとかドリンクバーとか、そういうオシャレなたぐいのものではないので悪しからず。

場所は恵比寿横丁の奥地。
ちょうど裏っかわの阿夫利側の入口から入るとすぐ右側です。

普通のカレーに飽きてきたご近所のみなさん、たまにはこういうあっさりカレーもいいんじゃないでしょうか。

恵比寿横丁の穴場カレー屋 オオバ

カレー オオバ 恵比寿
03-3440-1250
※一応電話番号を書いておきますが、予約できるようなお店じゃないですよ

11:30AM~15:00PM
日・月曜休
東京都渋谷区恵比寿1-7-2



Home > アーカイブ > 2014-10