Home > アーカイブ > 2014-11

2014-11

旧前田侯爵邸 駒場

恵比寿からちょっとアシを伸ばして行けるおすすめお散歩スポット、旧前田侯爵邸のご紹介です。現在は東京都の文化財として無料で一般公開されているほか、ドラマや映画のロケ地でもいろいろと使われているみたいなので、好きな人が行くと「あっ!」ってなるんじゃないでしょうか。


旧前田侯爵邸洋館(目黒区駒場)

余談ですが、明治~昭和初期の建築めぐりに最近ハマってまして。まぁ行っても「ほー」とか言いながら、何かが乗り移ってくれないかなとか考えながらぼーっとしてるだけなんですけどね。恵比寿のお店はこれっぽっちも関係なくてすんません。でもこの前田さんち、恵比寿からぷらっと暇つぶしがてら散歩しに行くのにはちょうどいいカンジですよ。


田川悟郎 Goroh Tagawa
旧前田侯爵邸洋館(目黒区駒場)
旧前田侯爵邸洋館(目黒区駒場)
旧前田侯爵邸洋館(目黒区駒場)
旧前田侯爵邸洋館(目黒区駒場)
旧前田侯爵邸洋館(目黒区駒場)
旧前田侯爵邸洋館(目黒区駒場)
旧前田侯爵邸洋館(目黒区駒場)

この洋館は、旧加賀百万石のお殿様、前田家の第16代当主・前田利為さんのおうちだった建物。昭和4年に建てられたものらしいので歴史的にはそう古くはありませんが、庭園も含めてなかなか見事なお宅。1Fに喫茶ルームがあったり、庭先のテラスでお弁当を食べてる人がいたり、館内の撮影が自由だったり、わりとおおらかに管理されてます。ちなみにこの前田さんちは、目黒区立駒場公園の中にあるので、天気がよければ公園でのんびりもアリですね。

電車だと、駒場東大前駅か、代々木上原駅。
もし代々木上原経由で行くなら、おみやげに駅前のパン屋さん マンマーノ でクロワッサンの食パンをぜひ。おいしいですよ。


ブーランジェリー&カフェ・マンマーノの食パン

旧前田侯爵邸洋館(きゅうまえだこうしゃくてい)目黒区駒場
03-3466-5150(※予約不可)
公開日: 水~日曜日・祝日
休館日: 月・火曜日 ※祝日の場合は開館
時 間: 9:00AM ~ 16:30PM(駒場公園の閉園時間)
入館料: 無料

東京都目黒区駒場4丁目3-55



居酒屋 あすか亭 恵比寿

恵比寿の老舗なお店のいぶし銀な常連さん、つまり恵比寿の飲みプロに「行きつけのお店をおしえて」とお願いした時によく名前が上がるお店のひとつがこのあすか亭。恵比寿では数少ない正統派の大衆居酒屋です。

恵比寿の老舗な飲み屋さんはこじんまりした店が多く、中目黒の「 藤八 」みたいな広いお座敷がなかなかなかったりするんですが、こちらのあすか亭は大丈夫。長いカウンター席に大小のテーブル、小上がり的なお座敷もたっぷりあります。


恵比寿の居酒屋 あすか亭のお座敷

余談ですが、夕方から開いている居酒屋さんはだいたいいいお店。開店して1時間もしないうちに常連さんで満席になれば間違いなしです。こちらのあすか亭も、広いからと油断してるとカウンターからどんどん席が埋まり、あっというまに常連さんでいっぱいに。


恵比寿の居酒屋 あすか亭のメニュー

メニューは居酒屋に必要なものがひと通りと、プラスそこまでしなくても…というくらいの品数が。どれもこれもお酒のアテには最適なものばかりで、大衆居酒屋的な基準でいうところの平均点をちょうどクリアしているくらいのコストパフォーマンス。ホームランこそありませんが、すべてシングルヒット。三球三振はありません。
ただ、あくまで大衆居酒屋的にという条件付きのハナシです。グルメな居酒屋さんカテゴリーのお店ではありませんのでなので誤解なきよう。

写真は順に、ねぎチャーシュー、揚げなす、豚バラチーズ焼き、エンガワのお刺身。ご覧のとおりの盛りなので、ひとりではあまり品数をオーダーできないかもしれません。いろいろと食べてみたいみなさんは3名以上で行くことをおすすめします。


恵比寿の居酒屋 あすか亭のねぎチャーシュー
恵比寿の居酒屋 あすか亭の揚げなす
恵比寿の居酒屋 あすか亭の豚バラチーズ焼き
恵比寿の居酒屋 あすか亭のお刺身
恵比寿の居酒屋 あすか亭のファサード

あすか亭があるのは、恵比寿西口のケンタッキー通りの中ほど。恵比寿なみなさんには「ぶたや」の隣といえばわかるでしょうか。今、恵比寿でいちばん居酒屋のキャッチ戦争が激しい界隈ですが、そんな喧騒とはまた違った空気感で盛り上がってます。恵比寿でふつうの居酒屋が恋しくなったら行ってみてください。


最後になりましたが、せっかくなので冒頭の「恵比寿の飲みプロに行きつけのお店をおしえてとお願いするとよく名前が上がるお店」をざっとご紹介しときます。朝から開いてる焼鳥の「たつや」、串のおかわり禁止な焼きホルモンの「とよかつ」、最近ちょっとお休みしてますが立ち飲みの雄「 縄のれん 」、〆にうな重が食べられる酒処「 うな徳 」、孤独のグルメに取材されてから行列が絶えない「 さいき 」です。恵比寿のお店を語るならまずはこの5軒+あすか亭から。ぜひコンプリートしてみてください。

居酒屋 あすか亭 恵比寿
03-3476-9140
17:30PM – 24:30AM
日曜日
東京都渋谷区恵比寿西1-13-2 サンキビル2F


Rue Favart(リュ・ファバー)恵比寿

恵比寿ガーデンプレイスの東側にある、アンティークな風情がかわいい一軒家カフェ・レストラン。たまには女子会向きなお店も…ということでご紹介を。

1階にはキッチンがあるので、入った瞬間にお店のちっちゃさにびっくりするかもですが、2階、3階はちょうどいいカンジの適度にこじんまりした落ち着く広さ。壁や天井にビビッドな花のペイントが施されているので外観の印象とはまた違った雰囲気です。

いちばんいい席は、たぶんガーデンプレイス方面が見える窓際席。
ここならひとりで本を読めそうです。


恵比寿のカフェ リュ・ファヴァー(Rue Favart)の2階席
恵比寿のカフェ リュ・ファヴァー(Rue Favart)の店内
恵比寿のカフェ リュ・ファヴァー(Rue Favart)の2階席
恵比寿のカフェ リュ・ファヴァー(Rue Favart)の天井

こちらの写真はランチのラザニア。
夜のメニューはまだ未経験ですが、ランチとスイーツは女性向けでかつどちらかというと素朴な味わいというカンジでしょうか。ボク的な基準で言うと可もなく不可もなく、ただ、正直言うと料理を目当てに行くことはない…といったところです。と書くとイマイチっぽいようですが、根強いファンがいるのもまた事実。きっと好みは分かれると思うので、料理に過剰に期待するみなさんは避けたほうがいいかもしれません。ゆっくりおしゃべりできて雰囲気があればという女子会なみなさんにおすすめします。

恵比寿のカフェ リュ・ファヴァー(Rue Favart)のランチ
恵比寿のカフェ リュ・ファヴァー(Rue Favart)のスイーツ
恵比寿のカフェ リュ・ファヴァー(Rue Favart)のファサード

場所は、スカイウォークの出口から恵比寿ガーデンプレイスを正面に見て、そのまま左側に外周を信号1つ分くるっと歩いたあたり。

たまには女子会向きなカフェも…ということで、今回は女子の意見も聞きつつ書きました。あまりオッサン女子向きではないかもしれませんが、夜は夜でまたワインを飲みながらのんびりできるというウワサですよ。


恵比寿のカフェ リュ・ファヴァー(Rue Favart)のコーヒー

Rue Favart(リュ・ファヴァー)恵比寿
03-5421-0688

月〜木 11:30AM ~ 23:30PM
金・土 11:30AM ~ 26:00AM
日 11:30AM ~ 22:00PM

無休

東京都渋谷区恵比寿3-28-12





黒ひぢ 恵比寿 *閉店

最近、とうとうファサードのテントが破れてきちゃいました。恵比寿と広尾のちょうど中間あたりにあるアンティークな定食屋さん「黒ひぢ」をご紹介します。

… 追記(2016年4月)

こちら、とうとう閉店されました。とても残念です…
いままでごちそうさまでした!

黒ひぢ(恵比寿)のテント
ご夫婦で切り盛りされている黒ひぢは、すき間なく詰め込んでもマックス10人のちいさなお店です。四人がけのテーブルがひとつある以外はすべてカウンター席。キッチンもごらんの通りのコンパクトさで、それゆえかいつもご夫婦のいさかいが絶えません。いさかいと言っても安定感のあるボヤキ合戦というか、ハラハラしないで見ていられるたぐいのアレです。

お店は古く、間違ってもオシャレとは言えない庶民的な佇まい。実家感(いい意味で)が漂うアイテムがあちこちに置かれていたりします。古いとは言うものの、例えばカウンターの上でも「いつもきれいに掃除してはるんやろなぁ」というのが一目でわかるくらいの清潔感があったりするのがまたすてき。

黒ひぢ(恵比寿)のカウンター
黒ひぢ(恵比寿)のカウンター
黒ひぢ(恵比寿)のテーブル席
メニューはシンプルにこちらの8品。

・ハンバーグライス
・ハンバーグカレー
・オロシハンバーグ
・チキンライス
・ドライカレー
・なすみそ炒め
・スパゲティーナポリタン
・和風スパゲティー

価格もシンプルにお昼は全品650円、夜は750円。
これだけあればもう日替わり定食なんてなくてもじゅうぶん1週間ローテーションできる魅力的なラインアップなわけです。夜も定食屋さんだけど、カウンターに焼酎が置いてあったりするので晩酌がてら…的な常連さんもいるんでしょう。

オムライスふうに仕上げるナポリタンも人気メニューですが、ボク的なおすすめはこちらのハンバーグライス。特にツボっているポイントはソースです。

黒ひぢ(恵比寿)のハンバーグライス 650円なり
黒ひぢ(恵比寿)のハンバーグの断面
興味があって食べログのクチコミを見てみたら「ハンバーグはデミグラスソースで…」というコメントがいくつかありましたが、ボクが思うにこれはきっと絶妙にウスターソースがブレンドされたトマトケチャップ。(違ってたらごめんなさい)
日本全国のお母さんが作るハンバーグの平均点が仮に70点だったとしたら、この黒ひぢのハンバーグは80点。「お母さん今日のハンバーグふっくらしてて焼き加減ええカンジやん!」という感じのハンバーグです。

なんだか褒めてるのかけなしてるのかよくわからない書き方になっちゃいましたが、こだわりの味を出そうとしてちょっとカラ回りしているハンバーグが多いこのエリアでは群を抜いておいしいと思ってます、ボクは。でも勘違いしないでくださいね。グルメなハンバーグじゃありません。お母さんのハンバーグもこれくらいおいしかったらなぁ~という子供の頃のあこがれみたいな、そんなハンバーグです。

定食はすべてサラダとお味噌汁がついて650円なり。

黒ひぢ(恵比寿)のハンバーグライス 650円なり
一見するとお店があるのかどうかすらわからないくらい(お昼は特に)のファサードもアンティーク感満載。でも、たぶん近所の会社の人でしょうね。いつも常連さんでいいカンジに席は埋まってます。

興味半分で来るお客さんが増えてしまうと常連さんの席がなくなってしまうので、今回は場所については伏せておこうと思います。ネットで調べればすぐにわかっちゃうので、そこまでしても行ってみたい!という方はそれもアリかもですが、わざわざ検索して行くような感じじゃないのでガッカリするかもです。自己責任でどうぞ。

それよりも「あれ?これってうちの会社の近所ちゃう?」という人にこそぜひ行っていただきたい。人気店の賛否両論の界隈にお住まい&お勤めで、ふつうの定食屋さんの家庭的な味をお探しのみなさんはぜひどうぞ。
あ、ちなみにフルタイム喫煙可ですので悪しからず。

黒ひぢ(恵比寿)のファサード
PS:
こちらの「黒ひぢ」は読者さんからすすめられてハマりました。
谷崎さん多謝!

黒ひぢ 恵比寿
昼 11:30AM ~ 14:30PM
夜 19:30PM ~ 22:00PM

Home > アーカイブ > 2014-11