Home > アーカイブ > 2015-01

2015-01

BARトナリ 白金

恵比寿三丁目の交差点から白金高輪方面に伸びる北里商店街に新しくできたバー。ちょっと変わった店名ですが、その名の通り、姉妹店の 牛泥棒 のトナリにあります。

このバーは、北里商店街名物、古民家のリノベーション店舗。すぐ近くにある有名店「きえん」と同じように大正時代の古民家をリノベーションしているんですが、和な佇まいの中にアーリーアメリカン風な家具があったり、かわいいいまどきなシャンデリアがあったりとちょっと変わった雰囲気。いい意味で、ちょっと趣味のおかしなオカネモチのリビングにおじゃましているような気持ちになります。(岡田さんごめんなさい。あくまでいい意味で…)店内はかなり広く、天井も天板を取って昔の構造梁がむき出しになっているのでかなりゆったりした雰囲気です。


恵比寿~白金間にあるBARトナリのインテリア
恵比寿~白金間にあるBARトナリ
恵比寿~白金間にあるBARトナリの店内

こちらは個室。隠し扉風な書棚の引き戸があって、裏部屋感満載。
シガー吸いながらの密談はぜひこちらで。


恵比寿~白金間にあるBARトナリの個室

バーのスタイルはいわゆるオーセンティック方面ですが、バーテンダーの岡田さんの人柄もあってなんともアットホームな雰囲気。かしこまった緊張感は皆無なのでゆっくりくつろげます。岡田さんのおすすめは最近はやりのハーブやフレッシュフルーツを使ったミクソロジー系のカクテル。バーリテラシーの低い女性の方でも飲めるものはたくさんありますよ。


白金 バー「トナリ」の看板

牛泥棒のトナリと書きましたが、正確には「牛泥棒の2階席のトナリ」なので、このバーへ行くには一度牛泥棒に入り、牛泥棒の階段から2階へ上がるカンジです。場所柄なかなかの穴場感があるので、ぜひデートで牛泥棒とトナリをハシゴしてみてください。余計なお世話ですが男子のみなさん、帰りは白金台駅、白金高輪駅、広尾駅、恵比寿駅、どこに出るにもたぶんタクシーにワンメーター乗ることになるのでそこが勝負どころです。

Bar トナリ 白金

050-5787-9272
月~土 18:30PM~28:00AM
日曜日定休

〒108-0072 東京都港区白金5-10-12 牛泥棒の2F



  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

牛ホルモン串 牛泥棒(うしどろぼう)白金

恵比寿三丁目の交差点から白金高輪方面へ向かう北里商店街は、今でも昔ながらの商店がちらほら残る昭和な風情の商店街です。もう商店街というには少しさみしくなってしまっていて、最近ではいつもどこかの建物が建て替えの工事中だったりします。

2014年の夏の終わり頃、ALWAYS~三丁目の夕日を彷彿とさせる大橋自動車商會さんの建物もついに工事の足場で囲まれ始めました。ちっちゃいマンションでも建つのかな?と思って経過観察していたら、1階の工場(こうば)は残しつつ、おとなりと2階をリノベーションしてレトロかわいいお店ができました。写真は Google のストリートビューからお借りしてきた工事前のもの。昔の写真ぽいですが、20147月撮影のものなんです。


大橋自動車商會
恵比寿~白金間のホルモン串焼き屋さん「牛泥棒」ののれん

というわけで、2014年12月にオープンしたこちらの牛泥棒、昭和なお風呂屋さんのような、お寿司屋さんのような、はたまた囲碁将棋クラブのようでもある不思議なファサードですが、牛ホルモン串焼きのお店。なんともレトロでかわいいタイル貼りが印象的なカウンター上のショーケースには串に打たれたお肉が並んでいます。

恵比寿~白金間のホルモン串焼き屋さん「牛泥棒」のキッチン
恵比寿~白金間のホルモン串焼き屋さん「牛泥棒」のカウンター

メニューは串焼きのお肉、野菜を中心に、ちょこちょこっとしたお惣菜がいろいろと。写真の青汁的な飲み物は小松菜サワーです。

どんなカンジの料理なのか、ざっと写真でご紹介を。
上から順に、すき焼き串、シロ塩焼き、アスパラ串、山芋のたまり漬け。

恵比寿~白金間のホルモン串焼き屋さん「牛泥棒」すき焼き風串
恵比寿~白金間のホルモン串焼き屋さん「牛泥棒」のシロ塩焼き
恵比寿~白金間のホルモン串焼き屋さん「牛泥棒」のアスパラ串
恵比寿~白金間のホルモン串焼き屋さん「牛泥棒」の山芋のたまり漬け

続いてこちらは、いぶりがっことクリームチーズ、モツ煮込み串に、牛ホホのシチュー串、ホルモンだんご。

恵比寿~白金間のホルモン串焼き屋さん「牛泥棒」のいぶりがっことクリームチーズ
恵比寿~白金間のホルモン串焼き屋さん「牛泥棒」のもつ煮込み串
恵比寿~白金間のホルモン串焼き屋さん「牛泥棒」の牛ホホのシチュー串
恵比寿~白金間のホルモン串焼き屋さん「牛泥棒」のホルモンつくね串

価格帯は1本200~500円くらい。
まだオープンしたてなので、日替わりメニューも含めてたぶんこれから試行錯誤あるんだろうなと思いますが、串からお惣菜までどれも丁寧な料理でした。ポーションも小さく、二人肉食女子会みたいな時にもいいと思いますよ。いろいろ食べられるので。

あと、余談ですが妙にツボにはまったのがこの椅子の高さ。
いわゆるくるくる回せば微調整できる的なストールなんですが、基本的に座面が低く、どっしり座れるのでとても居心地がいいんです。

恵比寿~白金間のホルモン串焼き屋さん「牛泥棒」のカウンター

2階には、元々の民家の構造を活かしたカンジの、ふすまで仕切れるテーブルの個室が3つほど。4~8人くらいのグループから、ふすまを取っぱらって貸し切ったら20人くらいまで座れるとのこと。リノベーションしたてなのでキレイですが、なんか実家感があって妙に落ち着きます。

でも最初は、4人までくらいなら1階のカウンターに座ることをおすすめします。金さんはじめ気さくなスタッフのみなさんがキッチンから話しかけてくれると思いますよ。


恵比寿~白金間のホルモン串焼き屋さん「牛泥棒」の2階入口
恵比寿~白金間のホルモン串焼き屋さん「牛泥棒」の2階
恵比寿~白金間のホルモン串焼き屋さん「牛泥棒」の個室
恵比寿~白金間のホルモン串焼き屋さん「牛泥棒」の個室
恵比寿~白金間のホルモン串焼き屋さん「牛泥棒」の個室
恵比寿~白金間のホルモン串焼き屋さん「牛泥棒」のファサード

行くとわかりますが、この牛泥棒の2階には面白い姉妹店、Barトナリ があります。串でおなかが満たされたらシメのお酒はコチラで。まだやったことないですが、最後にもう一回牛泥棒に降りてメシモノをいただくという荒業もありかもしれません。


余談ですが、この商店街にはほかにもいろいろと名店がありまして、すっかり有名な古民家バーの「きえん」や自家製ソーセージの「流行(はやり)」、完全予約制の中華「喜玖蔵」をはじめ、豚ホル串ががっつり食べられる「鳥平」、昭和レトロな鉄板焼きの「むー」、いつも常連さんで賑わってる「SARU」など面白いお店がたくさんあります。

牛泥棒は、北里通りの中ほど、老舗の和菓子屋さん「大久保だんご」、明治創業の豆腐屋さん「川越屋豆腐店」の向かいあたり。恵比寿駅、広尾駅、白金高輪駅、白金台駅からあるくと10分少々かかります。タクシーならワンメーター。都バスも全駅から走ってるのでそれもありです。
恵比寿三丁目のバス停、交差点を目印にどうぞ。

牛泥棒 (うしどろぼう)白金

03-6447-7670
月~土 18:00PM~27:00AM
日曜日定休
※月曜日が祝日の場合、日曜日は営業し振替で月曜日がお休み

〒108-0072 東京都港区白金5-10-12



  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

香湯ラーメン ちょろり 恵比寿

恵比寿好きな方なら誰でも知ってる「ちょろり」は、近所に一軒はあってほしい、ザ・町場のラーメン屋さん。お昼は近所にお勤めなみなさん、夜はシメの一皿を求めてやってくる酔客のみなさんに人気なお店。ボクはどちらかというと後者でお世話になっています。

朝の5時までやっているちょろりは、終電がそろそろなくなったぞという頃合いからだんだん居酒屋の様相に。ラーメン屋にしては珍しく全席テーブル席で、こじんまりしながらも比較的ゆったりとしたレイアウト。餃子やら煮たまごやら冷奴をつまみつつ、トドメのビールを…的な常連さんもたくさん。もちろんタバコも吸えます。

恵比寿でシメの麺を…となるといくつか選択肢がありますが、ボクの場合は恵比寿横丁「豚セレブ」のかすうどんか、恵比寿西口「天下一品」のこってり(大学が京都だったので)、そしてあとひとつはこちらのちょろりのネギみそラーメンか塩ラーメン。こちらラーメン屋さんなのでもちろんメインはラーメンなんですが、常連さんに人気なのはどちらかというとチャーハン。興味があれば試しに「恵比寿 ちょろり」で画像検索してみてください。チャーハンの画像がけっこうな比率で出てくると思います。


恵比寿のラーメン屋 ちょろりの名物チャーハン
恵比寿のラーメン屋 ちょろりの名物炒飯

こちらがそのチャーハン。ちょっと寄ってみました。
誤解のないように書いておきますと、いたって普通のチャーハンです。でもなんかおいしいんですよね。チャーシューが少し大きめにゴロッと入っていて、全体的に味がほんの少し濃い目で香ばしいので、お酒を飲んでから食べるとまた格別。

ラーメン、普通においしいんですけど、ボク個人的にはラーメンにそんなに思い入れはないので写真だけご紹介を。こちら塩ラーメンです。


恵比寿のラーメン屋 ちょろりのラーメン
恵比寿のラーメン屋 ちょろりのしゅうまい
恵比寿のラーメン屋 ちょろりの麻婆豆腐&ライス

こちらはランチのシュウマイと、麻婆丼。
麻婆丼はメニューにあるわけじゃなく、ランチセットについてくる小ライスと麻婆豆腐の合わせ技。あっさり麻婆なのでボクはラー油を3~4周回しかけていただきます。たぶんほとんどの常連さんがこうやって食べてるんとちゃうかなと思います。

恵比寿のラーメン屋 ちょろりの店内

2005年から色んなお店を紹介してきて、もうほとんど主要なトコロは書き尽くしたかと思ってましたが、意外と書いてると思い込んでいたお店が漏れていたりするもので… このちょろりも、友人から「そういやちょろりの記事書かないの?」と言われてやっと書いてないことに気付きました。
ちょろりは上京したての右も左もわからない頃によく連れてきてもらったお店。もしボクが恵比寿を離れることがあったら必ず思い出す店のひとつです。

ちょろりは、恵比寿ガーデンプレイスから少し下った坂の途中にあります。駅前から歩くと6~7分。ガーデンプレイスから歩くと2分ほど。近くにお勤めのみなさんはお昼に、恵比寿東方面で酔っ払ったみなさんはシメの炒飯を食べに行ってみてください。


恵比寿のラーメン屋 ちょろりの赤ちょうちん

香湯ラーメン ちょろり 恵比寿
03-3444-7387

月~土 11:00AM~5:00AM
日曜日定休

東京都渋谷区恵比寿4-22-11


  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

恵比寿神社(恵比寿ガーデンプレイス)恵比寿

あまり知られていないようなのでご紹介を。恵比寿には恵比寿神社がふたつあります。ひとつはみなさんご存知の恵比寿西一丁目の 恵比寿神社、もうひとつがこちらの恵比寿ガーデンプレイスにある恵比寿神社です。

由緒書きによると、こちらも 駅前の恵比寿神社 と同じく、サッポロビール(当時の日本麦酒醸造会社)が、えびす様の総本社である西宮神社から恵比寿神(事代主命)を勧請してお祀りしたのが始まりとのこと。つまりこちらも由緒正しい神社なわけです。しかも、現在の社は平成6年にガーデンプレイスが建設された時に建てられたものなので比較的新しいですが、恵比寿さまがやって来られたのは明治26年とのことなので、恵比寿さまを祀った神社としては駅前の恵比寿神社よりこちらのほうが歴史が長いということになりますね。

恵比寿在住なみなさん、恵比寿で商売されているみなさんは、恵比寿西一丁目の恵比寿神社 だけじゃなく、ぜひこちらの恵比寿神社もお参りを。


恵比寿神社(恵比寿ガーデンプレイス)
恵比寿神社(恵比寿ガーデンプレイス)境内
恵比寿神社(恵比寿ガーデンプレイス)由緒書き

場所は、サッポロビール本社の敷地内。案内図も何もないのでかなりわかりづらいところにあります。ガーデンプレイスの外周をぐるっと歩くと、ウエスティンホテルの向かい辺り。目印はこちらの写真の細い路地です。
頑張って探してみてください。

恵比寿神社(恵比寿ガーデンプレイス)入口

恵比寿神社(恵比寿ガーデンプレイス)恵比寿

恵比寿ガーデンプレイス サッポロビール本社敷地内


  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

恵比寿神社(恵比寿西1丁目)恵比寿

境内の由緒書きによると、恵比寿神社はかつて天津神社(あまつじんじゃ)という名称だったそうです。恵比寿神社の名称になったのは、戦後の区画整理で現在の場所に遷座された時のこと。地元のヱビスビールにあやかって町名が「恵比寿」となった頃に、えびす神の総本社である兵庫県の西宮神社から恵比寿さま(事代主命)を勧請して合祀するとともに現在の名称に改めたそうです。


恵比寿神社(駅前)
恵比寿神社(駅前)
恵比寿神社(駅前)

祀られているのは、戦後に合祀された恵比寿様(事代主命)の他に、国常立神、豊雲野神、角杙神、意富斗能地神、伊邪那岐命、伊邪那美命の六柱。家内安全、無病息災、五穀豊穣、そして商売繁盛のご利益があると言われています。

この恵比寿神社は、恵比寿で商売をしている人がせっせとお参りをする心の拠り所でもあります。かくいうボクも、上京した時に住処として恵比寿を選んだのは、関西の商売人にとって馴染みの深い恵比寿様(関西弁では愛情を込めて「えべっさん」と呼びます)にゆかりがあるからというのが理由のひとつでした。

場所は恵比寿駅西口から歩いて2~3分のところ。
恵比寿に住んでいるみなさん、恵比寿で商売をしているみなさんはお参りをお忘れなく。

あと、余談ですが、恵比寿には もうひとつ恵比寿神社 がありまして。恵比寿通なみなさんはぜひこちらもお参りを。

恵比寿神社(恵比寿ガーデンプレイス)境内

恵比寿神社(恵比寿西1丁目)恵比寿

渋谷区恵比寿西1-11-1


  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > アーカイブ > 2015-01