Bar and Kitchen N.Park(エヌパーク)恵比寿

恵比寿の西口から線路沿いにガーデンプレイスに向かう心臓破りの坂。最近個性的かつ魅力的なお店が増えて肝臓破りな坂でもありますが、この通りの再奥地に夜になるとオトナな酔っぱらいで盛り上がる公園があります。

このお店のコンセプトはナイトパーク、略して N.park(エヌパーク)とのこと。
コンセプト通り、グループでゆったり座れる個室や、とまり木的な2名テーブル、ちょっとしたミーティングができそうな大テーブルなどいろんなスペースがあります。
なかでも面白いのはカウンターがふたつあることでしょうか。ひとつはシェフが立つ居酒屋的なオープンキッチンカウンターで、もうひとつはマスターのカズ氏が立つドリンクカウンター。

N・Park(エヌパーク)のキッチンカウンター
N・Park(エヌパーク)のバーカウンター
N・Park(エヌパーク)の個室・パーティールーム

コンセプト的に面白いだけじゃなく、複雑な造りの店内をこのふたつのカウンターからうまーく全部見渡せるように設計されているので、ふたりでお店を回せるという秀逸なレイアウト。これはカズ氏に確認したわけじゃないですが、きっとそういう風になってるとおもいます。


N・Park(エヌパーク)のレモンサワー

N.park の売りは、季節のレモンで作るレモンサワーと、唐揚げ。
ちなみにこの日のレモンはメイヤーレモンでした。ボク的には酸味の強いレモンが好きなのでちょっと物足りませんでしたが、好みを伝えるとカズ氏が調整してくれます。
もちろんバーなのでしっかりお酒は揃ってますよ。

N・Park(エヌパーク)のウイスキー

料理のバリエーションも、女子なら仕事終わりの1軒目でも十分耐えられるくらいの品ぞろえがあるので、ダイニングバー的な使い方もいいんじゃないでしょうか。まだ食べてないのでなんとも言えませんが、いい意味で肩の力が抜けた飲み屋さんらしい、それでいてちょっと実験的なこだわりがありそうな、そんなメニューでした。

でもボク的なこのお店の売りは、公園チックな原色使いが楽しいモダンポップなインテリアデザインと、スタッフおふたりの肩の力が抜けた接客が醸し出す雰囲気。カウンターに座って1時間ほどで他の常連さんたちとワイワイ盛り上がれるお店、なかなかないですよね。
ちなみにインテリアはトイレまで手抜きなしです。タイルがいい感じだったのでこちらも写真を。
※食事中のみなさんすみません

N・Park(エヌパーク)のお手洗い
N・Park(エヌパーク)のテーブル席

このお店、N.park(エヌパーク)には、最初 Bar420 の支配人サトシ氏に連れてってもらいました。
いつも書いてますが、飲み友達が紹介してくれるお店にハズレなし。
おまけにマスターのカズ氏が同じ大阪南河内の出身ということもあってローカル話で盛り上がりました。以来すっかりボクの恵比寿巡回ルート入り。

N.park は住宅街の奥まった一角にあるので、遠目から探しても見つけるのは困難。初めて行く時にはちょっと不安になるかもしれません。
このあたりに詳しくないみなさんは、油断せず地図アプリを片手に行ってみてください。

PS → カズ
お客さんがいて写真が撮れなかったところはHPから拝借してます!


N・Park(エヌパーク)のファサード

N・Park(エヌパーク)恵比寿
03-6452-4122
18:00PM~27:00AM
月曜休
東京都渋谷区恵比寿南1-21-20 EN恵比寿ビル 1F
N.parkのFacebookページ



Page Top ▲