ライオンのいるサーカス 恵比寿

オープンラストまで休憩がなく、昼ビールからランチ、夜カフェ、ダイニング、何だったらバーにも使えるカフェダイニング。恵比寿西口から歩いて3分ほど、恵比寿南の交差点からほど近い場所にあります。

こちらのカフェのおすすめポイントは、恵比寿にいるのを忘れそうな手作り感たっぷりなユルい空気感と、カフェからランチ、ダイニングまでOKな使い勝手のよさでしょうか。店名のインパクトがすごいですが、ちなみにまだボクはライオンにもサーカスにも出会ってません。

恵比寿のカフェ ライオンのいるサーカスの店内
恵比寿のカフェ ライオンのいるサーカスの店内

古い1DKくらいの広さのマンションをまるごとリノベーションしたカンジの店内は手作り感満載。むしろ、リノベーションした… というよりも、全部ひっぺがしたまんま… といったほうが正しいかもしれません。古いシャンデリアやソファ席、とりあえず板を打ちつけてつくりました的なブックシェルフなど、いい意味でなんともユルくてのんびりできるカンジです。


マンションの間取りでいうところのルーフバルコニーに当たる部分に、テントで覆われた喫煙席と、キッチンからせり出したカウンターがあり、夏場はオープン、冬場はもちろん?すきま風ピューピューなので席にブランケットを置いてくれてます。

恵比寿のカフェ ライオンのいるサーカスのテラス席
恵比寿のカフェ ライオンのいるサーカスの店内

メニューには、料理のセットメニューやフリードリンクのメニューも豊富にあったので、夜はコンパ的な使い方もありなのかもしれませんね。でも、ボク的にはダイニングバーとしてよりも、休日のお昼すぎにのんびりビールでも飲みながらiPadでもペラペラめくりつつ… という使い方のほうがこのお店の雰囲気を満喫できると思います。ぜひお昼過ぎにひとりでボエーっとしに行ってみてください。

恵比寿のカフェ ライオンのいるサーカスの店内

ただ、残念ながらお料理は、可もなく不可もない、いわゆるカフェめし。
正直に書くと、恵比寿のカフェめしの平均点からはちょっと落ちるかな… という印象です。
いちおう写真だけアップしておきますね。これはランチのタコライスと豚肉のドンブリ。
ちなみに「つけナポリタン」というメニューがイチオシだそうですが、ボクはナポリタンにうるさいのであえて食べてません。あしからず。

恵比寿のカフェ ライオンのいるサーカスのランチ

ホットペッパーにも載ってるくらいなので別に隠れているわけじゃありませんが、道端にポツンと置かれた手作り看板に気がつかなかったらかなり見つけにくいお店なので、いちおうこのブログでも「恵比寿の隠れ家風なお店」に分類させてもらいました。
3Fまでくねくね伸びる階段を探してみてください。

ちなみに階段の途中、2Fには PARADOR(パラドール)というスパニッシュラウンジ、至近距離に TORCH CAFE と、どちらもいい意味でユルいお店があるのでこちらもおすすめ。ハシゴしてみてください。

タビスルカフェ – ライオンのいるサーカス 恵比寿
03-6452-3657
月~金 11:30AM~23:30PM
土・日 13:00PM~23:30PM
不定休
東京都渋谷区恵比寿南2-3-1-301
ライオンのいるサーカス(タビスルカフェ)公式ホームページ


Page Top ▲