福田屋(ふくだや)広尾

  • その他のエリアのお店  リスト  恵比寿
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Clip to Evernote

福田屋さんは、広尾商店街の真ん中にある魚屋さん。広尾の魚屋さんというと場所柄なんとなくセレブ風にも聞こえますが、いわゆる下町の魚屋さんです。

こちらの魚屋さん、実はお店の奥に10席ほどのカウンターとちいさな小上がりがありまして、お昼にはお魚の定食が食べられるようになっています。今回ご紹介するのはこの定食屋さんのお刺身定食。

定食屋 福田屋(ふくだや)広尾のお刺身定食

3種のお刺身にお味噌汁、お惣菜、お魚の佃煮、ごはんがついて1,100円なり。さすが魚屋さんの定食、お味噌汁にもアラが入っていてこれがまたおいしいわけです。他にも煮魚、焼き魚、常連さんに人気のアジのたたき定食など、1,000円前後の価格で品揃えはいろいろ。
こちらはこだわり料理の定食屋さんではなくて、新鮮な魚を扱う屋さんの定食屋さん。いろいろ食べてみましたが、おすすめは生魚の定食です。鰤の照り焼き、サンマの塩焼きなど、焼き魚の定食もとても魅力的ですが、忙しいお昼時にそなえて焼き置きしてあったりするのでそれはそれなり。

そして、こちらの定食屋さん、季節の1品メニューもいろいろありまして、これがまた魅力的。
写真は順番に、気仙沼産岩ガキ 200円、自家製いくらの醤油漬け 300円。例えばお刺身定食を食べたあと、70円でごはんをお替わりし、このいくらの醤油漬けをトッピングすると370円でミニいくら丼が楽しめたりもするわけです。

定食屋 福田屋(ふくだや)広尾の岩ガキ
定食屋 福田屋(ふくだや)広尾のいくら醤油漬け

さきほども書きましたが、こちらは料理自慢の定食屋さんではないので、わざわざ遠方から足を運ぶようなグルメ店ではありません。おしゃれカフェや、なぜかラーメン屋、カレー屋さんの多い広尾の駅前にあってこそ価値があるお店。お客さんも商店街の買い物客やお近所さんがほとんどのアットホームなお店です。おしゃれランチに飽きたご近所のみなさんはぜひ一度行ってみてください。

定食屋 福田屋(ふくだや)広尾のカウンター
定食屋 福田屋(ふくだや)広尾のファサード

場所は、日比谷線広尾の駅から商店街に入って1分もたたずに右手に。
魚屋さんのショーケースの左手に細長い入口があります。

お近くにお住まいの方、お勤めの方、たまたまお昼の営業先が広尾だった…というサラリーマンのみなさんはぜひ。買い物途中の奥様方でいつも混み合っていますが、回転が早いのでそう待たずに座れると思いますよ。

福田屋 (ふくだや)広尾

03-3473-1817
定食 11:00AM~14:30PM
魚屋 10:00AM~19:20PM
日曜・祝日定休
東京都渋谷区広尾5-3-14





Page Top ▲