IL BOCCALONE(イル ボッカローネ)恵比寿

  • リスト  恵比寿  恵比寿のイタリアン・フレンチ
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Clip to Evernote

くり抜いたパルメザンチーズの上でサーブされるリゾットが有名な恵比寿の老舗トラットリア。でもボクがおすすめする一番のポイントは、ちゃんと笑顔な、このお店のイケメンスタッフのみなさんです。

恵比寿のイタリアン IL BOCCALONE(イル ボッカローネ)のパスタ

アラカルトのオーダーは、まずスタッフの手打ちパスタの説明から始まります。
メニューの料理名がわからなくても、その日のパスタをこんなサンプルを使いながら説明してくれるのでイタリアンのメニューに不慣れな人でも大丈夫。ハズレはほとんどないので何ならおすすめで全部オーダーを組み立ててもらってもいいかもしれません。
ちなみにこちらはスタッフのおすすめに乗っかって食べたマテ貝の香草パン粉焼き。美味でした。

恵比寿のイタリアン IL BOCCALONE(イル ボッカローネ)

料理のポーションは、2人でシェアしてちょうどいいくらい。味付けはどちらかというとしっかりしているカンジなので、ワインをグビグビ飲みながら食べるといいんじゃないでしょうか。
ちなみにボク的な適量は、ワインを1本、アンティパスト(前菜)的なものを一皿、炭火焼のメニューから一皿、主菜から一皿、パスタかリゾットを一皿ほど。これで最後にドルチェが食べられる腹具合に。


恵比寿のイタリアン IL BOCCALONE(イル ボッカローネ)トリッパのトマト煮込み

季節にもよりますが、ボクがいつもハズせないのは抜群のやわらかさと旨みがとてもおいしい、このトリッパのトマト煮込み。トリッパのことを説明をすると、食べたことがない女子はちょっと引き気味になりますが、食べれば女性でも大丈夫。


恵比寿のイタリアン IL BOCCALONE(イル ボッカローネ)の牛フィレ肉

あとはこの牛フィレ肉。カルパッチョで食べてもよし、炭火であぶってもよし。
取り分けるとこんなカンジですが、もとのお皿はこんなにボリュームがあります。


恵比寿のイタリアン IL BOCCALONE(イル ボッカローネ)の牛フィレ肉

ちなみにこのお店、オープンキッチンの片隅に炭火窯があって、炭火焼メニューも人気。
ボクはいつも牛フィレか、スカンピ(手長エビ)を。ほかにも鴨や子羊などもあります。

そしてこのリゾット・パルミジャーノ。
くり抜いたパルメザンチーズの上で仕上げをしてくれるリゾットです。説明不要ですね。
溶かしたチーズをそのまま食べてるんじゃないかっていうくらい濃厚でクリーミー。
最高です。

パスタもおいしいのでいつも悩むところですが、両方食べてもきっと後悔はしないと思いますよ。

恵比寿のイタリアン IL BOCCALONE(イル ボッカローネ)のパルミジャーノのリゾット
恵比寿のイタリアン IL BOCCALONE(イル ボッカローネ)のパルミジャーノのリゾット

冒頭でスタッフのお兄さんたちがおすすめポイント、と書きましたが、みなさんきっとルックス採用。イケメンでスタイルが良く、そしてなによりみんなちゃんと笑顔です。
その日のおすすめ料理をオープン前に試食していてちゃんと味の説明ができるとか、パスタやワインの知識があるとか、そんなことはどこのレストランでも当たり前にしていることなのでどうでもいいんですが、笑顔がちゃんとトレーニングされてるお店はなかなか恵比寿でも見当たりません。
トレーニングと言うか、きっとお店のカルチャーなんでしょうね。

むしろ、知識面では必要最小限でいっぱいいっぱいなカンジがちらほら。きっとアルバイトのスタッフも多いんでしょう。でも、無駄に知識だけが豊富で、テーブルを見下ろすような接客をする自称プロよりもよっぽど気持ちがいい。
多くないですか?役に立たない知識に寄りかかってる自称プロ。
まぁ脱線しそうなのでこのハナシはまたの機会に…

余談ですが、よくこのお店でコンパをしている30代の男性を見かけます。
お店のチョイス的にはナイスだと思いますが、スタッフがただでさえイケメンで、おまけにお肌がツルツルでみんなすごい笑顔なのでご注意を。女性の目が泳ぎがちです。
以前はイタリア人風なスタッフがたくさんいた記憶があるんですが、最近は時代でしょうか、韓流風なスタッフが多いような。


恵比寿のイタリアン IL BOCCALONE(イル ボッカローネ)

テーブルには、パンとグリッシーニが。
アラカルトの時にこれが出てくれば、このお店に限らずほかのお店でもテーブルチャージ(COPERTO・コペルト)がついているということ。
ちなみにイル・ボッカローネでは600円。


恵比寿のイタリアン IL BOCCALONE(イル ボッカローネ)

とここまでほめ倒してきたカンジですが、実はNGポイントもありまして…

人気店なので席を増やして満席時のキャパシティを増やしたいのはわかるんですが、どう考えても無理矢理作ったよね?というテーブルがいくつかありまして、ちょっとその居心地には難アリです。
この写真を撮った日も、飛び込みで行ったので無理矢理テントを張って路地に増設したテーブルに座ったので、暗くていい写真が撮れませんでした…(いいわけ)

飛び込みで行くとどうしてもいい席は埋まってしまってるので、そのあたり気にする方は予約したほうがいいと思いますよ。
ボクの行く時には必ず8時台に満席になっているので、平日でも油断禁物です。

おねだんもそれなりで、お客さんも30~40代のスーツを着たオトナな方が多いですが、気軽に行けるカジュアルなお店なのでご心配なく。ボクもいつも半ズボンで行きます。

ロケーションは、恵比寿東口のタコ公園のすぐ前。
あまり仰々しい看板は出ていないので見過ごしがちですが、緑色のテントを目印にどうぞ。
写真ではちょっとわからないですが、獅子神様の生首が置いてあります。

恵比寿のイタリアン イル・ボッカローネのファサード

IL BOCCARONE(イル・ボッカローネ)恵比寿
03-3449-1430
17:30PM~24:00AM(23:00 L.O.)
無休
東京都渋谷区恵比寿1-15-9 シルク恵比寿1F
IL BOCCALONE 公式ホームページ

先日、ちゃんとレシートを持って帰ってきたので内訳を書いておきます。
ご参考まで。

COPERTO(チャージ)600円×2
トリッパのトマト煮込み 1,890円 / マテ貝の香草パン粉焼き 1,280円
リゾット・パルミジャーノ 1,890円 / 牛フィレ肉 3,150円
ドルチェ(デザート)700円×2
赤ワイン(ボトル)6,200円

計 17,010円(ひとりあたり 8,000円くらい)


Page Top ▲