SO-TEN(ソウテン)恵比寿

恵比寿駅から歩いて5分ほどのところにある、オトナコンパにちょうどいい風味のラグジュアリー(死語?)なレストランバー。竹がこんもりと茂り、よく高級車がエイっとばかりに停まっているエントランスは一見何かの事務所的にも見えてしまうかもしれませんが、エントランスをくぐれば和リゾート風なインテリアのレストランバーなのでご安心を。

恵比寿のレストランバー SO-TEN(ソウテン)のファサード

過去、何度か訪れた中で、シガーを嗜まれる40代の年配の方々と行った時が一番しっくりきました。お値段的にも雰囲気的にもそういうお店です。恵比寿という場所柄もあって若いお客さんや業界風な方も結構多いですが、みなさん色んなトコロに余裕をお持ちな感じの方々。

ロケーション的に恵比寿でもちょっとはずれにある穴場風なお店だし、個室が多いのでコンパには最適だと思います。が、女の子に「 わぁ~活鮑の肝バター醤油ステーキって美味しそぉ~、これ3つ!」と7,000円のメニューをいきなり3つオーダーされても笑顔でカードが切れるくらいの甲斐性は求められます。
若いみなさんはまずは会社の上司におねだりして偵察してみるのがいいでしょう。

カウンター席(結構ゆったりしています)、ボックス席など色々ありますが、コンパなみなさんには4Fの個室がいいんじゃないでしょうか。そのむかし、社員が社内会食の機会に10名用の個室を予約してくれたんですが、まったりかつシンプルなリビングの風情でとてもゆっくりできました。ボックス、個室ともにソファ座面の奥行きが深いのでかなりドッカリゆったり座れます。

恵比寿のレストランバー SO-TEN(ソウテン)の個室


そして、常連さんになればさらにツワモノっぷりを発揮できる部屋がありまして、それがこちらの最上階の個室。写真には写っていませんが、室内にジャグジーとバスタオルなどのアメニティがセットで備え付けられている港区風味なお部屋です。全部見ちゃうとつまらないので、あとは皆さんご自身でぜひ。

恵比寿のレストランバー SO-TEN(ソウテン)のVIPルーム
恵比寿のレストランバー SO-TEN(ソウテン)のVIPルーム
恵比寿のレストランバー SO-TEN(ソウテン)のVIPルーム

3階のカウンター後ろにはショーケースが置かれ、ワイン、シャンパン、地酒、焼酎、カクテル…、酒好きが困らない程度にお酒は一通り揃っています。お料理は素材を生かした和食、和風創作が中心。
食材も高級だからそれなりに美味しいんですが、料理目当てに行くようなお店じゃありません。ハイコスト・ハイパフォーマンスだと割りきってどうぞ。

恵比寿のレストランバー SO-TEN(ソウテン)の料理

ちなみに2009年ごろに一時閉店の噂もありましたが、その後は東京レストランホールディングスに経営が変わって店は存続しているようですね。

今回のおすすめポイントはお料理でもお酒でもなく、ゴージャスな個室。
港区あたりでは珍しくないカンジですが、恵比寿では希少。巨大水槽の ラグシス やMEDUSAあたりには飽きたというコンパフリークなみなさんと、派手な会食の機会が多いみなさんにだけおすすめします。

SO-TEN(ソウテン)恵比寿
03-3441-6600
18:00PM~28:00AM
無休
東京都渋谷区恵比寿4-27-4
SO-TENのホームページ


Page Top ▲