カンタンでおいしい焼肉のつけダレいろいろ

  • 料理のおはなし
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Clip to Evernote

ご家庭で焼肉をおいしく焼くのってけっこう難しいですよね。特にちょっと贅沢なお肉が手に入った時、がんばってご家庭で焼いてみても、なかなかお店で食べるような味にはないのが悩みどころ。今回はそんなお悩みを、冷蔵庫にあるものでカンタンに解決するちょっとしたコツを。

いいお肉を焼いてもいつもの味になってしまう理由のほとんどは「味付け」にあります。
せっかくいいお肉を焼いても、いつもの市販の焼肉のタレや、シンプルに塩コショウだけでは飽きてしまいます。そんな時にはぜひこちらのつけダレをお試しください。


◆ にんにくおろしポン酢

作り方はとてもカンタンです。
まずニンニクをスライスします。それを、お肉についてきた牛脂、もしくはゴマ油をひいたフライパンでカリッとするまで揚げるように炒めます。もちろん焦げないように中低温で。
その間に市販のポン酢を用意し、そこに大根おろしをたっぷり加えます。大根おろしは普通におろして軽く汁気を絞ったものでも大丈夫ですが、おすすめは粗めの鬼おろし。ここに先ほどのニンニクスライスを加えれば出来上がりです。

焼肉はおろしポン酢で

あとはお好みでゴマ、一味唐辛子、ネギなどを加えてもらってもおいしいですよ。

おろしポン酢とごはん

食べる際には、ポン酢にじゃぶじゃぶ漬けるのではなく、焼いたお肉にポン酢の染み込んだ大根おろしとニンニクをのせて巻く感じでどうぞ。こうするとお肉の風味も損わないのでおいくいただけますよ。おろしポン酢なのであっさりと食べられる上に、大根おろしの成分が消化を助けてくれたりもするので年配の方にもおすすめです。



◆ すき焼き風つけダレ

次にご紹介するのは、先ほどのポン酢よりさらにカンタン。ご用意いただくのは、いつもの焼肉のタレと生タマゴのみです。

生玉子
生玉子ですき焼き風に
生玉子ですき焼き風に

食べ方もカンタン。いつものように焼肉を焼いて、溶きたまごにつけてすき焼きのように食べるだけです。焼肉のタレは、つけてから焼いても、焼いてからつけても。お好みでどうぞ。特にサシの入ったやわらかいお肉のスライスをサッと炙って食べるとおいしいですよ。



◆ 番外編・山わさび

これは一般家庭の冷蔵庫にはあまりないかもしれませんが、おいしいのでご紹介を。

わさびと山わさび

最近、サシの入ったいいお肉をおろしワサビで食べるのが流行っていますが、お好きな方はぜひこの山わさびもお試しください。山わさびは、西洋わさびとかホースラディッシュと呼ばれるもので、ビン詰めの北海道産のものが百貨店などで売られています。
写真では、左側がおろしワサビ、右側が山わさび。
焼肉にもステーキにもよく合うので、もし売っているのを見かけたらぜひお試しを。



Page Top ▲